おせち通販ランキング

おせち料理

 

 

おせち料理(御節料理)とは、元々は季節の変わり目である節日に食べる料理のことで、今は1年のうちで最も重要な節日であるお正月に食べる料理を指すようになっています。
あまり知られていないことですが、本来は大みそかから元旦にかけての年越しに食べる料理であり、北海道や東北などの一部の地方ではその風習が残っていると言われています。

 

おせち料理自体はかなり歴史のある料理であり、奈良時代に中国から伝わったものが最初と言われています。
中国から伝わった五節供の行事が朝廷内で節会として行われており、そこで供された料理がおせち料理の元々の物となっています。
はじめは五節供の祝儀料理すべてを指していましたが、後に最も重要とされる人日の節句の正月料理を指すようになり、それを一般家庭でも習って食べることとなったのです。
また、お正月の三が日は主婦を家事から解放するという意味を含め、保存の効く食材が中心のものになっていました。

 

その後、おせち料理は時代の変化を経て、現在の重箱におせちを詰める手法が確立したのです。
現在では、伝統である縁起物のメニューを残しつつも様々なおいしい料理をアレンジした物が登場していますが、お正月の食卓にかかせない物であることは変わりありません。

 

主なおせち料理メニュー

 
黒豆
黒く日焼けするほどまめに働くという語呂合わせがある通り、健康や丈夫であることを願う料理。

 

 
かまぼこ
紅白は縁起の良いものの象徴であり、初日の出に見立てられている。

 

 
数の子
数の子は卵の数が多く、子孫繁栄を祈願した料理である。

 

 
栗きんとん
金銀財宝を意味しており金運の象徴で、豊かな1年を願ったもの。

 

 
昆布巻き
喜ぶという言葉にかけられており、巻物に似た形から学問を象徴する。

 

 
田作り
いわしの幼魚の佃煮のことで、五穀豊穣を願う料理のこと。

 

 
えび
ひげが長く、腰が曲がっているまで長生きする様に見立てられており、長寿祈願のもの。

 

 
伊達巻
伊達正宗が派手好きだったと言われることから、華やかさを象徴し、巻物という様から学問を象徴する縁起物。

 

 
ごぼう
地中にしっかり根を張るごぼうは縁起のよいものとされ、豊作と息災を願ったもの。

 

 
するめ
結納の品として使用される、おめでたい時の縁起物。

 

 
鰤の焼き物
出世魚であることにあやかった、出世祈願をする物。